テレワークやイベントにもおすすめ!口コミで評価の高いパソコンレンタル業者ランキングをご紹介します。

パソコンの電源がよく落ちる…原因と対策法をチェックしよう!

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/22

パソコンを使用中、前触れもなく電源が落ちる現象が起こるようになることがあります。東京ではリモートワークが増えている今、作業中にデータが失われる状況は避けたいものです。パソコンの電源が落ちる原因は、どんなことが考えられるのでしょうか。修理に出すと費用も時間もかかるため、対策やパソコンレンタルという方法をご紹介します。

パソコンの電源が落ちる場合、即修理に出すべきか

何の問題もなく使っていたパソコンの電源が落ちるようになってしまうと、すぐに故障だと思い修理を検討することもあるでしょう。しかし、修理に出さずに解決できる場合もあるので、再び電源が入れられるようであれば確認しておくと良いことがあります。

まず、簡単にできる確認ポイントはイベントビューアのチェックです。Windows10の場合は、「Windowsマーク」を右クリックして起動できます。その中の「Windowsログ」のツリーを展開すると項目に「システム」があるので、そこをクリックします。

その中の「レベル」の欄を見て「重大」になっているものの有無を見てみましょう。「重大」になっている箇所を見つけたら内容を見ることで、異常があるデバイスを特定できることがあります。

また、この方法で分からない場合でも、パソコン自体の故障ではなく、接続しているデバイスが原因となって電源が落ちてしまっている場合があります。その場合、原因となっているデバイスを取り外すことで解決することもあるため確認しておきましょう。

確認方法は、まず接続されている全ての物を外して行います。すべて取り外した後に再起動し、しばらく問題なく使えているようであれば、パソコンの問題ではなく接続しているデバイス側の問題である可能性が高いといえます。また、複数のものをつけていた場合は、時間をおいて一つずつ接続することで問題のあるものを特定することができます。

パソコンの機能やソフトウエアが原因となっている場合もある

機器の故障ではなく機能やソフトウエアによって問題が起こっていることもあり、その場合は原因の切り分けが重要です。

まず、Windowsの場合はハイブリッドスリープという機能が搭載されていますが、これは一定時間経つと自動で休止状態にするものです。休止状態のため一見、電源が落ちているように思われますが、勝手にスリープ状態になっているだけなので故障ではありません。 休止状態からの復帰が早いなどのメリットがあり、初期設定ではオンになっているため、壊れたと思ってしまうこともあります。

これはスタートメニューから確認と変更ができるので、原因が分からない場合は確認してみましょう。確認の手順は、スタートメニューから「設定」→「システム」→「電源とスリープ」→「電源の追加設定」→「プランの設定変更」→「詳細な電源設定の変更」と開きます。

最後のスリープの項目の中に、ハイブリッドスリープを許可するという項目があります。ここを確認してオンになっているようであれば、オフにして様子を見てください。現象が起こらなくなるようであれば、休止状態になっていただけです。

設定の他に、ソフトウエアに不具合やバグが生じ電源が落ちてしまうこともあります。何度も起きてしまうときは、スタートアップに登録されているソフトウエアによって現象が起きていることもあるので、クリーンブートで起動して問題となっているものを特定しアンインストールしてみてください。

その他の故障以外のケースとバッテリーについて

パソコンのデバイスドライバーに問題がある場合、WindowsUpdateによって最新のドライバーに更新されますが、更新を行っていない場合に電源が落ちてしまう可能性があります。もし、最新の状態になっていない場合はアップデートを行ってみましょう。

また、パソコン内が高温になると切れてしまうことがありますが、これは内部のケースファン、CPUのファン、グラフィックボードのファンに溜まったホコリのせいで温度が高くなることがあるためです。ファンの音が異常にうるさい場合は、ファンにホコリが溜まっていることが多いため、音が気になっている方は掃除をしてみてください。ノートパソコンを利用している場合は、バッテリーの劣化や故障によって電源が突然切れることがあります。

この他に、パソコン自体に何も問題はなく、バッテリーが故障していることによって、充電が不十分な状態が続いていることも原因として考えられます。使っているバッテリーが古い場合は新しいものに交換してみると良いでしょう。

バッテリーが新しいものであれば、メーカーのホームページで交換用バッテリーが販売されている可能性が高いですが、見つからない場合はメーカーに問い合わせが必要です。使用しているパソコンによって適合するものが異なるため、購入時や問い合わせ時にはマニュアルなどを参考に確認をしましょう。

 

電源が落ちる原因と対策について紹介しましたが、中には修理に出さなければ解決しない場合もあります。修理中にパソコンをすぐに使いたい場合は、東京のパソコンレンタルを検討すると良いでしょう。

一時的な利用であれば東京のパソコンレンタルは非常に便利で、常時利用の場合も常に最新の機器が使えるというメリットがあります。東京には色々なパソコンレンタルサービスがあるので、購入以外の選択肢としても利用できるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【東京】おすすめパソコンレンタル業者の口コミや評判