テレワークやイベントにもおすすめ!口コミで評価の高いパソコンレンタル業者ランキングをご紹介します。

パソコンの液晶が割れた!対処法と注意点を確認しよう

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/22

パソコンを使用していると様々なトラブルに見舞われることがありますが、特にノートパソコンで起こりがちなのが液晶割れです。東京で利用できるパソコンレンタルサービスの多くは、何らかの不具合が起こっても早急に対応してくれますが、レンタル会社に連絡する前に行っておくべきことや、やってはいけない注意点を知っておくことをご紹介します

パソコンの液晶が割れる主な原因

パソコンのモニターが壊れた際の対処法や注意点の前に、まずは液晶が割れてしまう原因について確認しておきましょう。 まず、液晶が割れてしまう原因の中でも注意したいのが、強い衝撃です。

例えば、パソコンを落としてしまったり、ぶつけてしまったりすると、液晶はあっさり割れてしまうことがあります。加えて、当然ながら強く叩いたり、ボールなどの硬いモノが当たったりした場合も割れてしまう可能性があるため、注意が必要です。

また、注意したいのが持ち運ぶ場合で、ノートパソコンを直接カバン入れて持ち運んでいると、何らかのきっかけで強い圧力がかかった際に画面割れを起こす可能性があります。特に、東京において気を付けておきたいのが満員電車で、強い圧力がかかることで故障の原因となる恐れがあるため、持ち運ぶ際は必ずケースに入れた上で、電車に乗る際は網棚を利用したり、前に抱えたりすることが大切です。

さらに、モノ挟んだままノートパソコンを閉じてしまうのも、画面割れを起こす代表的な原因のひとつです。ペンやUSBメモリなどをキーボードの上に置いたまま閉じると、画面に強い圧力がかかるため、簡単に画面割れを起こしてしまいます。そのため、ノートパソコンを使用する際は、日ごろからキーボードの上にモノを置かないように注意しましょう。

加えて、タッチパネル対応のモデルの場合は、タッチペンや指で画面を強く押さないことも大切です。 なお、レンタルサービスでは起こりにくいものの、経年劣化によって画面割れが起こる場合もあります。

パソコンの液晶が割れたときの対処法

ここからは、パソコンの液晶が割れた際の対処法について確認していきましょう。まず、非常に大切なのは、液晶が割れてしまったとしても落ち着いて行動することです。もしも、液晶が割れた際に周囲に破片が飛び散った場合は、素手で片付けるのは禁物です。素手で片付けるとケガをしてしまう恐れがあるため、粘着式のクリーナーなどを使って細かな破片まで綺麗にしておきましょう。

そして、周囲の環境が綺麗になったら、パソコンレンタル会社のサポートに連絡するという流れとなりますが、もしもパソコン起動時に画面割れが起こった場合はデータのバックアップを優先しましょう。画面割れが起こったとしてもパソコン自体は正常に動作しますが、画面割れを放置するとパソコン本体の不具合につながる恐れがあるため、仮に正常に表示されている場合でも安心せずに、早急に外付けHDDなどに重要なデータを移しておくことが大切です。

画面が映らない場合では、まずVGAケーブルやHDMIケーブルなどを使って外部モニターへの接続を試みて、もしも正常に出力できるのであればデータのバックアップは可能です。

また、外部モニターへの出力ができない場合や、パソコンを起動していないときに画面割れが起きた場合は、無闇に触らない方が無難です。もしも自己判断で対処してしまうと更なる不具合につながる恐れがあるため、レンタル会社のサポートの指示に従って行動しましょう。

パソコンの液晶が割れたときの注意点

ここでは、パソコンの液晶が割れた際の注意点について解説します。まず注意したいのが、液晶割れが起こっている部分に素手で触ってしまうことです。液晶割れした部分は高熱となっている場合があるため、無闇に触ると火傷する恐れがあります。

加えて、液漏れが発生している場合、液体が付着すると皮膚が炎症を起こす可能性があるため、注意が必要です。万が一液体が皮膚に付着してしまった場合は、すぐに大量の水で洗い流してください。

また、パソコン起動時に液晶割れが起こった場合、バックアップ前にシャットダウンしないことも注意点のひとつです。画面が割れた状態でシャットダウンすると、割れた部分に負荷がかかって、その後一切起動できなくなる可能性があります。そのため、シャットダウンする前にバックアップできるのであれば、必ず行っておくことが大切です。

加えて、画面が映らない場合においては強制終了させがちですが、無闇に強制終了させるのは危険です。もしHDDやSSDがデータの読み書きを行っている際に強制終了させてしまうと、これらが故障してしまう可能性があります。

バックアップ前に強制終了してしまいHDDやSSDが故障した場合、データの復旧ができなくなる恐れがあるため、画面が映らない場合は外部モニターへ出力させた上で通常通りシャットダウンするか、Alt+F4キーでシャットダウンするようにしましょう。なお、どのように対応すべきか迷った場合は、パソコンレンタルサービスのサポートの指示に従って行動することが大切です。

 

東京で利用できるパソコンレンタルの多くは、液晶割れなどの不具合が起こってもサポートに連絡すればスピーディーに対応してくれます。

しかし、壊れた原因によっては修理費を負担しなければいけないため、レンタルするのであれば借りたパソコンの取り扱いには十分に注意することが大切です。アフターケアも様々なので、東京にはどんなサポートをしてくれるレンタル会社があるのか調べてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【東京】おすすめパソコンレンタル業者の口コミや評判