テレワークやイベントにもおすすめ!口コミで評価の高いパソコンレンタル業者ランキングをご紹介します。

パソコンがフリーズした!パソコンが動かなくなった時の対処法とは

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/22

ビジネスにおいてパソコンは欠かせない機器ですが、複数台を導入するには相応の費用がかかります。一方で、一定の期間だけ使う場合や新品にこだわらない場合には、パソコンレンタルも選択肢のひとつです。パソコンレンタルはその性質上さまざまなメリットがあり、特にフリーズするなどのトラブルにも対処できます。

パソコン購入とパソコンレンタルとパソコンリースの違い

価格が安くなったとはいえ、パソコンを購入するというのは経理上の処理が煩雑になります。一定の価格を下回るものであれば経費として一括処理が可能ですが、大量に導入した場合には減価償却の対象となるものですし、また定期的なメンテナンスも必要になってくるものです。

近年はクラウドサービスを利用することで、個々にソフトウェアをインストールする必要がなくなっていますが、それでもパソコンを動かすための基本的なメンテナンスは必要ですし、トラブルが起こった場合には個別に修理を依頼しなければなりません。

一方でレンタルやリースの場合には、それぞれの会社から貸してもらっている形になり、たいていの場合にはメンテナンス費用が月額料金に含まれています。料金は経費として処理できるので、減価償却のような煩雑な経理処理も必要ありません。トラブルが起こった場合にもサポートが付きますから、トラブルが発生した場合でもその会社に依頼すれば修理が可能です。

レンタルとリースの違いは新品か中古といったもので、リースの場合には依頼者の求めに応じて希望する機器を購入して貸し付けるというものですが、レンタルの場合にはすでにあるパソコンを貸し付けるというものです。

以前であれば日進月歩のパソコンでは数年もすれば性能に大きな差が生まれるもので、リースの方がメリットの強いものでしたが、現在では数年前のパソコンでも十分な性能があるため、特にそれほど性能を必要としないビジネスでは、パソコンレンタルに費用面での強みがあります。

パソコンがフリーズした場合の対処は?

パソコンのトラブルのひとつとして、フリーズと呼ばれる現象があります。これは作動が停止してしまうというもので、最近のパソコンは簡単にはフリーズしないようになっていますが、まったく起こらないわけではありません。

フリーズする理由としてはソフトウェア的なものがほとんどで、過剰な負担をかけたり不正なプログラムが作動したりすることで起こることがあります。パソコンの性能が低い場合にはフリーズしやすい傾向にありますが、高性能なものだからフリーズしないわけではなく、場合によってはウイルスによって引き起こされている可能性もあるものです。

基本的に、パソコンがフリーズした場合には、再起動することで症状が改善されるものですが、作業中のデータが失われる可能性があります。特定のソフトウェアが原因であれば、タスクマネージャーを起動して強制終了させることで状況が改善することがありますが、操作を受け付けないような場合には、リセットボタンや電源ボタンを押すことで強制的に再起動させるしかありません。

強制的な再起動はパソコンが壊れてしまうというリスクを感じる人もいると思いますが、自動的に修復するプログラムがOSにはありますから、ほとんどのケースで改善されるものです。 ただ、やはりリスクを考えればパソコンの知識がある人に見てもらうことがポイントで、その点でサポートの付いたレンタルやリースであれば、担当者に連絡することで訪問対応してもらうことができ、トラブルを最小限にすることができます。

パソコンレンタルを利用するポイント

パソコンレンタルのメリットは、サポートや代替品を利用できるという点が挙げられます。リースの場合には、サポート費用が発生しますし、故障した場合にも代替品は用意されませんが、レンタルでは中古品で、在庫があれば代替品を用意してくれます。またリースとは異なって、サポートサービスも充実しているところが多くその点が魅力です。

一方でデメリットは長期間になれば費用が割高になりますし、選択肢も限られること。それと借り物ですから紛失時には弁済しなければなりません。しかし、それほど高性能なパソコンを必要としないような場合には年式の古いものでも十分に使え、また費用も抑えられるのが強みです。

パソコンレンタル業者は全国に対応しているところもありますが、需要の大きい東京であれば、業者の選択肢は豊富です。大手のレンタル会社では東京以外の全国で対応しているところもありますが、一方でビジネス需要の大きい東京を中心として地域密着で営業しているところもあります。もちろん、東京以外でも利用することはできますが、訪問サポートを受ける時には迅速な対応は期待できません。

取り扱うパソコンはレンタル会社によって変わってきますし、サポートにも違いがあるので、求めるパソコンの性能や受けたいサポートの内容などが業者を選択する時のポイントです。レンタルできる期間は最短1日から数ヶ月程度で、それ以上も借りることができますが、その場合には費用が割高になります。

 

パソコンレンタルは、短期間の使用を目的としてパソコンを導入しなければならない場合には、強みがあるサービスです。また、フリーズといったトラブルが起こった場合でも、サポートサービスが充実している会社であれば、問題解決も迅速に行うことができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
【東京】おすすめパソコンレンタル業者の口コミや評判