テレワークやイベントにもおすすめ!口コミで評価の高いパソコンレンタル業者ランキングをご紹介します。

ネットの通信速度が遅い!そんな時に確認したいポイントとは

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/22

東京などの大都市では、パソコンレンタルによる需要が多くあります。そのため、色々なトラブルになりやすいともされ、通信速度が遅くなるなどの問題も多くある状態です。通信速度の低下では気をつけるべき点がいくつかあり、問題を回避すれば快適なインターネット通信も可能です。「遅いな」と感じたら、やるべきことなどを確認してみましょう。

パソコンレンタルと通信環境について

オフィスワークを在宅にて行うケースが増えたこともあり、パソコンを持たない人についてはパソコンレンタルの利用を考えている人も多くいます。東京などの大都市では通信環境について、よく整備されていることもあり、それほど問題にならないケースもある一方で、ふとしたことから遅いなと感じることもあることでしょう。

通信環境では、まずは有線か無線なのかによって話が変わります。また、そもそもの話として、パソコンそのものの速度が遅いと、東京でも通信が快適に行かないこともあります。作業を行う前にまずは利用する環境の整備と確認が重要です。

通信環境では、有線の場合モデムの整備とプロバイダとの契約などが必要となります。通信速度についてもそのときに注意書きが取扱説明書などにされていて、避けるべきポイントなども明記されているものです。そうした注意書きを必ず確認するとともに、モデムの設置場所も考慮します。なるべく窓際に置くことや、主となる電話回線からなるべく離さないようにして設置することも大事です。

LANケーブルが長くなると、その分だけ色々な不具合が出やすくなり、また足を引っかけるなどの物理的な問題も発生しやすくなります。パソコンレンタルの業者からも、有線がいいか無線がいいか、通信は安定するかなど、念のため聞いておくことも重要ですし、実際の設置についてもアドバイスを受けることが大事となります。

有線で通信を行う場合の安定性について

電話回線、あるいは光回線の利用による通信では、通常の場合において通信は安定しやすくなります。物理的に繋ぎますので、途中でノイズが入る可能性は低くなり、送受信で困ることは少ないです。

ただし、この場合に注意をした方がいいポイントとしては、有線の長さと接続までの距離です。一般的に長くなるとそれだけ通信が不安定になる恐れがあります。また、長いケーブルの利用では、足を引っかけたり、あるいはコードの劣化などで長く使い続けると通信が不安定になるケースもあったりするため、注意を要します。光回線とモデムやLANポートなどはなるべく近くに設置し、不用意に長すぎないように工夫をすることが求められるところです。

さらに、有線の場合には光回線が主流ですが、設置と開設までに時間がかかります。逆算をしておかないと利用したい時期にまだ繋がらないという問題が発生してしまうので、早期の対応や依頼が欠かせません。引っ越しのシーズンのように繁忙期では、待たされる可能性も高まります。早めに依頼を行い、光回線などの通信環境を急ぐことで、利用をしやすくすることが大事です。

有線で接続が出来れば、他者からの妨害も難しくはなります。パソコンレンタル時にセキュリティソフトの導入についても確認を行い、適宜導入を行うことでトラブルの回避につなげていきます。なお、セキュリティソフトはレンタル業者側で、すでに導入が済んでいる場合もあります。

主にWi-Fiで通信を行う場合

スマートフォンやWi-Fi、無線ルーターなどでインターネット接続を行う場合には、いくつか注意をすることがあります。まずは、パソコンレンタル業者側に無線などで通信を行うことを伝え、問題がないかどうかを念のため聞いておきます。セキュリティソフトの導入などでもチェックが欠かせません。

インストールすることで問題が起きる場合があり、過去に問題が発生したソフトの説明がなされる場合があります。また、借りている側が自ら導入して対応をしてもいい場合でも、返却時にはこれらのアンインストールが求められる場合がありますので、注意が必要です。

無線の場合、データの送受信時にデータを抜き取られたり、盗み見されたりする危険はあり得るため、細心の注意を払います。東京では色々な人がデータをやりとりしているため混雑の可能性も高まります。使用する時間を考えるなどして、なるべく人が使用をしていない時間帯を見計らって使うことで、快適性を保てます。

朝夕の通勤・帰宅時などは多くの人が使うことから、通信速度が低下しやすいとされています。こうした時間帯を避けることで、利用の快適性を保つことにも役立つわけです。

さらにインターネットセキュリティの導入とそれを最新の状態に保つことにより、他者からの妨害を受け付けないことも大事です。総合的に色々な問題が起こる可能性を鑑み、できる対応を常に考えておくことが求められます。

 

有線にしろ無線にしろ、通信環境の整備を常に心がけることは、通信環境を快適に保つのに役立ちます。速度低下には原因があり、利用時間を考えるのも有効です。インターネットセキュリティの導入で、コンピューターウィルスからパソコンとデータを守ることも大事になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧