テレワークやイベントにもおすすめ!口コミで評価の高いパソコンレンタル業者ランキングをご紹介します。

パソコンレンタル業者ランキング!

パソコン導入するならレンタル・リース・購入どれがいい?

レンタルのメリット・デメリット

パソコンレンタルは、レンタル業者から月額料金でパソコンを借りることです。

メリットは「初期投資を抑えられること」・「故障時は代替品と交換可能」・「損益に影響しないこと」・「解約が容易なこと」が挙げられます。

初期投資を抑えられるというのは、レンタルの場合毎月一定の金額のみ支払うため費用の支出が抑えられます。内容変更しない限りは費用の変動も発生しないため、予算が立てやすいのもメリットになります。
また、レンタル費用は損益の帳簿に載せないため、損益にも影響しにくいです。経理の方が行う収支計算も面倒になりません。

初期投資を抑えられる以外にも、故障時は代替品と交換できるのも嬉しいメリットです。故障した場合は、レンタル業者に故障した旨とパソコンの本体情報を連絡すれば、代替品と交換してもらえますし、代替品が来るのも大体2日以内、時間が掛かっても1週間程度で届くため、対応が早いです。交換時も、使用していたパソコンと同じ程度の機能を持ったパソコンが届きます。不具合があった際の詳細の調査や修理も不要なため、手間が掛かりません。

解約や変更も比較的簡単にできるため、期間途中でも返却できます。パソコンレンタルを他の業者に切り替えたい、パソコンの機能やスペックが足りない、レンタル料金を長期間支払いたくない、という場合でも解約内容変更ができます。
解約時は、違約金の有無が業者によって異なるため、注意しましょう。

反対にデメリットは、「長期でのレンタルが割高になる」・「パソコンの種類の選択肢や台数が限られる」・「紛失時は費用が別途発生する」などが挙げられます。

レンタル料金は一見、安い金額に見えますが、レンタルが長期に及ぶと購入代金と同等もしくはそれ以上になる可能性があります。リースに関しても、長期になると再リースが可能になるため、レンタル料金のほうが割高になってしまう可能性が高いのです。

料金以外にも、レンタルだと台数やスペックが限定されている場合も多く、人数が多い組織内で利用される方や
最新のものを使いたい方だと物足りなく感じてしまうケースもあります。
紛失に関しても、本体周辺機器等貸し出されたものを全て揃えて返却しないと、別途費用を請求されてしまいます。

リースのメリット・デメリット

リースとはリース会社がパソコンを購入し、パソコンの使用者とリース会社が契約し、使用者はリース会社に毎月製品代金の分割分と金利を支払う形態のことです。

リースのメリットは、「損益として計算する必要がない」・「廃棄が不要」・「最新のパソコンを利用できる」・「再リース時は料金が安くなる」などが挙げられます。

リースもレンタルと同じく、所有権が自分の会社ではなくリース会社の名義になるため、購入扱いになりません。そのため、損益として帳簿に記載する必要がないのです。
パソコン自体も契約終了後はリース会社への返却になるため、廃棄が不要です。

それ以外にも、パソコンを最新のものを使えるのもメリットです。リース会社が認めれば希望の種類で調達できるため、動作が快適で機能が充実したパソコンを使いたい方には嬉しいポイントです。

また、再リース時は料金が安くなるのもメリットの1つです。初回のリース契約終了時に必要な代金の支払いが全て終了しているため、再リース時は安く利用できます。

反対にデメリットは、「原則解約ができない」・「途中解約時も製品代金を支払う必要がある」・「故障や不具合は自分で対応する必要がある」などがあります。

リースは、いわば使用者とリース会社間でローン契約を組むようなもので、使用期間分の代金支払いが発生します。そのため、期間途中での解約は原則できません

リース契約の解約時は、製品代の残金を一括で支払う必要があります。例え契約してから日数が経過していなくても、解約時に契約期間分の製品代金を支払う必要があるため、金銭面の負担が大きくなってしまいます。

また、リースはレンタルではないため、故障や不具合発生時の業者手配は自分で対応する必要があるのも、デメリットです。

購入のメリット・デメリット

購入の特徴はパソコン単独と併せて、MicrosoftOfficeのライセンスやウイルスソフトを別途導入していることが多く、プリインストール製品が不要なことが挙げられます。もちろん、購入もそれぞれメリットとデメリットがあります。

メリットは「長期で利用する際は割安になる」・「製品を自由に選べる」・「返却が不要」などが挙げられます。

パソコンを長期で利用する場合、レンタルやリースよりも割安になります。
購入できる製品にも制限がないため、予算さえ問題なければ新品を購入できます。
加えて、購入したものは会社の所有物となるため、返却などの手間が掛かりません。

反対にデメリットは、「購入時にまとまった資金が必要」・「帳簿の作成時に固定資産として計上しないといけない」・「故障や不具合発生時に修理の手配が必要」が挙げられます。

法人でパソコンを購入する際は、一括で多くの台数を購入するため、どうしても必要な金額が大きくなってしまいます。帳簿の作成時も、会社のパソコンは固定資産として扱い計上する必要があります。万が一、定率法を採用している場合は、導入から日が浅いほど費用は多めに計上します。そのため、損益に影響しやすいと言えます。

それ以外にも、故障や不具合発生時の修理やメンテナンス業者は、自身で手配するのもデメリットになります。パソコンの殆どはメーカーで保証期間が設定されており、期間内であれば無料で修理を依頼できる場合が多いですが、期間を超えてしまうと有償になってしまいます。修理代金も部品や症状によって異なり、また修理費用も損益に影響する可能性もあります。

まとめ

ここまで、パソコンのレンタルリース購入のメリットデメリットを、ご紹介しました。支払い回数、予算、帳簿の計上有無、故障や修理時の対応、使えるパソコン製品の種類など、内容が異なります。

レンタル購入リースでそれぞれメリットとデメリットがあるが、紹介した内容を踏まえると、近年では多くの法人が、コストを削減し利益を上げる、業務上の手間を省き効率化を図ることを重視しているため、レンタルが一番おすすめと言えます。

もちろん、使うパソコンのスペックは良いにこしたことはありません。ですが、スペックの高いパソコンは金額も高いため、購入やリースとなるとかなり大きな金額になってしまいます。

また、修理や故障時も購入やリースですと、業者の手配を自身でやる必要がありますし、条件次第では修理で大きな支出が発生してしまいます。

それと比較すると、レンタルはスペック面は制限があるものの、短期利用であれば使用料を抑えることができること、故障時は交換依頼をレンタル業者にすれば解決できるなどの特徴があります。
現代の会社経営において重視していることを実現できると言う、大きなメリットがあるのです。

比較一覧

ここまでにまとめた、レンタル・リース・購入のメリットとデメリットを比較しやすいように、一覧にまとめました。
ぜひご参考ください。

 メリットデメリット
レンタル・初期投資を抑えられる
・故障時は代替品と交換可能
・損益に影響しない
・解約が容易
・長期でのレンタルが割高になる
・パソコンの種類の選択肢や台数が限られる
・紛失時は費用が別途発生する
リース・損益として計算する必要がない
・廃棄が不要
・最新のパソコンを利用できる
・再リース時は料金が安くなる
・原則解約ができない
・故障や不具合は自分で対応する必要がある
購入・長期で利用する際は割安になる
・製品を自由に選べる
・返却が不要
・購入時にまとまった資金が必要
・固定資産として計上する必要がある
・故障や不具合発生時に修理の手配が必要

どの機種がいいの?レンタルするパソコンの選び方

PCの形状

パソコンの機種を選ぶ際に考慮すべきポイントの1つ目は、パソコンの形状です。形状はどんな業務を行うかによって、選ぶべき形状が異なってきますが、結論を言うと、外出先で使用する場合は11型~13型のノートパソコン、会議での持ち出しがある場合は13型~15型のノートパソコン、デスク専用として使用する場合はテスクトップパソコンが良いと言えます。

商談や訪問など外出してパソコンを使用する場合は、薄型で軽量のパソコンが適しています。必須のファイルのみ収録しておき、それ以外のファイルはクラウドなどでアクセスできる程度のスペックがあると良いでしょう。
会議で使用する場合は、適度に容量がありつつも、Office系ソフトを一通り開くのに容量が必要になります。また、プロジェクターの差込ができるよう、差込口を確保してあるパソコンが良いでしょう。

社内のデスクで使用する場合は、パソコンが固定できるデスクトップパソコンが適しています。必要な容量や機能については、どのような業務を行うかによって異なっているため、重視する機能が搭載されたパソコンを選ぶと良いでしょう。

スペック

パソコンの機種を選ぶ際に考慮すべきポイントの2つ目は、スペックです。
どのような業務を行うかによって、最適なスペックが異なっており、適していないスペックを選ぶと、動作が重くなってしまう可能性があります

業務別に最適なスペックを分類すると、以下のようになります。

・主に資料作成を行う場合
メモリ:4GB以上
SSD:128GB以上
HDD:500GB以上

・主に画像編集やデザイン作成を行う場合
メモリ:8GB以上
SSD:256GB以上
HDD:1TB以上

・主に動画編集や映像作成を行う場合
メモリ:8GB以上
(動画の容量次第では16GB程度必要)
SSD:256GB以上
HDD:1TB以上

・主にプログラミングを行う場合
メモリ:8GB以上
SSD:256GB以上
HDD:1TB以上

資料作成や事務作業が中心の場合は、耐久性が高く、処理落ちしにくいパソコンを選ぶと良いでしょう。画像編集やデザイン作成が中心の場合は、大画面で解像度が良いパソコンが最適です。

動画編集作業が中心の場合は、高い負荷に耐えられるよう、グラフィックボードが入っているパソコンが適しています。また、ストレージも大容量のものを選ぶと良いでしょう。

プログラミング作業が中心の場合は、同時に複数のソフトが起動しても処理落ちしないもの、複数の画面を同時出力できるものを選ぶと良いでしょう。また排熱設計が搭載されているものも、適しています。

セキュリティ性

パソコンの機種を選ぶ際に考慮すべきポイントの3つ目は、セキュリティ性です。
どの会社においても、パソコンに入っている業務情報や個人情報など、社外に漏洩してはいけない情報を守るためにも、データ管理機能や情報流出を防ぐ機能を持ったパソコンが必要です。

また、最近ではセキュリティ強化のためウイルス対策ソフトがOSに標準装備されているパソコンが多くあるため、予めそれらのソフトが入っているパソコンを選ぶと、標準的なセキュリティ対策ができます。

情報保護を徹底して行う場合は、認証機能や暗号鍵が搭載されているパソコンや、アクセス制限を設定できるパソコンなどを選ぶと万全にセキュリティ対策ができます。
ログイン時やファイルアクセス時にパスワードを設定できる機能も、是非活用したいところです。

ウイルスソフトやセキュリティ機能を活用する以外にも、OSのアップデートやクラウドストレージへのデータ移行も定期的にできるパソコンも、選択肢に入れておきましょう。
OSを最新のバージョンにアップデートすることでセキュリティ性能の向上ができ、クラウドストレージへのデータ移行で何かしらの理由でデータが消失してしまった場合も、バックアップを取りやすくなるため、安心です。

法人向けパソコンレンタルする場合の業者の選び方は?

どんなパソコンがあるか

レンタル業者を選ぶ際のポイントの1つ目は、レンタル業者がどんなパソコンを用意しているかです。
パソコンの種類の豊富さも一見大事なことに感じますが、それ以上にレンタルしたいパソコンを用意しているかも大事なことです。パソコンも商品によって様々な違いがあり、種類はデスクトップパソコンなのかノートパソコンなのか、OSはどの種類なのか、CPUはどのタイプなのか、接続端子はどのように搭載されているかなどがあります。それ以外にも、他にも性能面の違いもあります。

デスクでの業務に使用する場合はデスクトップパソコン、外出や会議などで使用する際はノートパソコン。Office系ソフトを一通り使用する場合はWindows、画像作成や動画編集などを頻繁に行う場合はMac。
これら以外にも、Office系ソフトを主に使用するか画像作成動画編集を主に使用するか、選ぶべきCPUの種類やストレージも異なります。同時進行で複数のタブやソフトを起動する場合、動作性を特に求める場合、容量を大きく使用するソフトを使う場合などは、特にストレージを重視して、選ぶのが良いでしょう。

接続端子などの設備面についても、USBケーブルや有線LANポートなどが搭載しているかも大切なことです。また、プロジェクターを繋げて使用する場合は映像出力端子も必要です。というように、パソコンを使用する場面や業務内容などに応じて、レンタルするパソコンを選ぶ必要があります。そのため、レンタル前に業者が使用したい性能を搭載したパソコンを取り扱っていることが、特に大事です。

申込~納品までの日数

レンタル業者を選ぶ際のポイントの2つ目は、申込~納品までの日数です。レンタル品の納品までの対応が早い業者を選ぶようにしましょう。
また、業者にレンタルの手続きを行う際は、以下のような流れになります。

問い合わせ、申込⇒情報入力⇒申込完了、身分証提示
⇒商品発送⇒商品到着⇒返送

最初にレンタルしたいパソコン商品を選択もしくは品番を入力します。到着日の希望がある場合は併せて指定します。同時に必要な利用者情報を入力し、内容を送信します。
その後、利用者情報が明確に分かる身分証や法人情報が分かる書類などを送信します。パソコン到着後は、指定した商品が全て入っているかを確認。併せて、パソコンや付属品に不具合が起きないかを確認します。

ここまでがパソコン到着までの流れですが、通常は申込完了から数日~1週間程度で到着します。もし、問合せ時の連絡が遅かったり、パソコンの到着が通常より遅くなっている場合は再度業者に連絡してみましょう。

因みにレンタル期間が終了した後は、業者にレンタル品を全て返送します。返送時は業者が指定した方法に沿って、返送しましょう。もし返送時までに、レンタル品の紛失や汚損が発生した場合は、別途費用が請求されるため、慎重に取り扱いましょう。

レンタル料金

レンタル業者を選ぶ際のポイントの3つ目は、レンタル料金です。

パソコンをレンタルする際は、契約期間を設定し月額で料金を支払います。具体的な料金は、業者やレンタルするパソコンの種類によって異なり、スペックや性能が高いものほど料金は上がります。

加えて、保証プランや保守プランなどのサポートの追加、インストールするソフトの数や種類、サーバーや付属品などの点数によっても料金は変動します。

さらに、契約期間によっても最終的に発生する金額が変わります。契約期間が長いほど金額は増えますが、その代わりに月額が安くなる場合もあります

一見、料金が高いとパソコンの性能が非常に良い、保守プランなどが充実していると考えがちですが、一概にそう言い切れる訳ではありません。料金は高いけど、必要のない機能や内容も入っている可能性もあります。

これらを踏まえると、パソコンレンタル業者を選ぶにおいては、レンタル料金の負担を抑えることができる且つレンタル期間の対応が柔軟なことが大切です。
予め、レンタル期間がどれが選択できるかを相談しておきましょう。
また、最初設定していた契約期間を延長したい場合も対応できる業者だと、尚良いでしょう。

サポート内容

レンタル業者を選ぶ際のポイントの4つ目は、サポート内容です。

レンタル業者はパソコンの機能面やレンタル料金が適切かに加えて、修理やサポートの内容が充実しているのはもちろん選ぶ際の基準になります。
サポート対応が丁寧か、内容に応じて最適なサポート方法を実施してくれるか、料金体系は適切かなども考慮する必要があります。

サポートを受けるには、業者が提供している保守プランに加入することで、受けることができます。保守プランの種類やサポートの範囲、内容については業者によって異なるため、どこまでの範囲をサポートしてもらいたいか、電話やリモート操作などどのようにサポートしてもらいたいか、料金はどれくらいが良いかなどを、予め決めておくと、業者を探しやすくなります。

また、サポートの料金体系は、レンタル料金とは別途で毎月発生することが多いですが、この部分も業者によって決まりが異なります。そのため、サポート料金の仕組みやどれくらいの金額設定なら良いかについても、予め決めておきましょう。

パソコンレンタル業者ランキング一覧!

スマートレンダー株式会社の画像1
高性能で操作しやすいパソコンが安価でレンタル可能!

スマートレンダー株式会社(スマレンタル)は、法人向けのパソコンレンタルサービスを展開しています。高い操作性と耐久性を兼ねた、使いやすいパソコンを多く揃えています。レンタル料金も比較的利用しやすい設定で、長期でも利用しやすい金額になっています。

また、レンタル期間も1日~5年以内までで自由に設定できるのも強みです。

スマートレンダー株式会社 の基本情報

特徴① 必要な時に必要な台数だけ使うことが出来る格安パソコンレンタルができる。
特徴② 原則、決まった契約期間は設けていないため、違約金は発生しない。
価格 MousePro NB3/MousePro NB5
1ヶ月 8,500円/5年 2,300円 など
サポート体制 保守サービス
月間入電数0~5回 月額1,500円
月間入電数6~15回 月額3,000円 オンサイト訪問 1作業工程 5,000円
レンタル可能期間 1か月~5年
問い合わせ方法 電話またはメールにて問い合わせ
横河レンタ・リース株式会社の画像1
ビジネスに必要なあらゆるツールがレンタル可能!

横河レンタ・リース株式会社は、横河グループが展開するパソコン及び設備機器レンタルサービスです。

様々な有名メーカーのパソコン製品を多く揃えているのが特徴で、台数や機種を数多く揃えているのが強みです。パソコンに関してはWindows、surface、Macなどがレンタル可能。パソコン以外にも、付属品、周辺機器、クラウドサービス、ソフトウェアなどがレンタル可能です。

横河レンタ・リース株式会社 の基本情報

特徴① 午前中に申し込んだ場合、全国主要都市へは翌日中にお届け。
その他の地域は48時間以内にお届け。
特徴② 2万機種75万台(マルチベンダ)の豊富な品揃え。最新機種も取り揃え、用途にあわせて必要台数での契約が可能。
価格 PB4DNNB11RABD1 (B45/DN)
1ヶ月 9,900円
450 G6 (7PJ60PA#ABJ)
1ヶ月 15,000円など
サポート体制 レンタル中に発生した疑問点やトラブルは専門の担当者が直接サポート。
状況に応じ、代替機発送や引き取り修理などを行う。
レンタル可能期間 不明
問い合わせ方法 電話またはメールにて問い合わせ
オリックス・レンテック株式会社の画像1
パソコンだけでなく、様々なITツールも利用できる!

オリックス・レンテック株式会社は、オリックスグループが展開するパソコン及び設備機器レンタルサービスを展開しています。

サービスもパソコンレンタル、キッティング、オンサイト、データ消去など、あらゆるサービスが利用できるのが特徴です。また、ソフトウェアレンタルも利用可能で、Microsoftのオフィスソフトやセキュリティーソフトなど、幅広い種類のソフトを揃えています。

オリックス・レンテック株式会社 の基本情報

特徴① 月額レンタル料金は「基準レンタル料×レンタル期間に応じたレンタル料率」で決まる。
特徴② 午前中に申し込んだ場合、全国主要都市へは翌日中にお届け。そのほかの地域は48時間以内にお届け。
価格 THINK PAD 13(レノボ)
1ヶ月 11,800円
PROBOOK 430 G6(HP)
1ヶ月 13,400円など
サポート体制 トラブル時は最寄りの営業拠点、または代表フリーコールへ連絡。有償修理、代替保守、オンサイト保守などのサービスもある。
状況に応じ、代替機発送や引き取り修理などを行う。
レンタル可能期間 1日~6か月
6か月以上も相談の上可能
問い合わせ方法 電話またはメールにて問い合わせ
株式会社タマヤの画像1
パソコンが探しやすい!予備日システムや即日発送も強み!

株式会社タマヤは、法人向けのパソコン及びOA機器のレンタルサービスです。パソコンに関しては、国内モデル、海外モデル両方を揃えています。

また、データ消去サービスやHDD破壊などのサービスも用意しており、レンタル終了時は代行でデータを消去してくれますが、セキュリティが気になる方は自身でデータ消去も可能なのも、強みです。

株式会社タマヤ の基本情報

特徴① 安心予備日システムが全商品で利用できる。予備日はレンタル料に加算されないので2日分お得。
特徴② 別途各種オフィスソフト、AdobeReader/Flash/ MediaPlayer等のアプリケーションのインストールも対応。
価格 Core i5 Windows8.1モデル
1ヶ月 4,000円
Celeron Win10 (メモリ4GB)
1ヶ月 4,000円など
サポート体制 内閣府認証資格のパソコン整備士のスタッフが電話にてサポート対応。
緊急の場合には、すぐに代替機を出荷。
レンタル可能期間 1日~6か月 6か月以上も相談の上可能
問い合わせ方法 電話またはメールにて問い合わせ
株式会社レンタルバスターズの画像1
パソコン・OA機器・オフィス用品が全て揃います!

株式会社レンタルバスターズは、パソコン及びオフィス用品のレンタルサービスを展開しています。種類はパソコン・スマートフォン・OA機器・オフィス家具と幅広く、関連会社が在庫を多く抱えているため、オフィス規模を問わず利用できるのが強みです。

また、性能ごとにパソコンを選びやすいのも特徴。レンタル料金も、日数とパソコンの種類に応じて明確に設定されています。

株式会社レンタルバスターズ の基本情報

特徴① 全商品、1日からレンタル可能。
ホームページの見積もりフォームから簡単に見積もりができる。
特徴② パソコンやスマートフォンなど幅広い種類の製品をレンタルできる。
価格 DELL LATITUDE E5530 A4ノート Core i5
1ヶ月 5,400円
Lenovo ThinkPad L540 Core i5
1ヶ月 5,400円など
サポート体制 万が一の損害に備える、動産補償プランあり(300円/台)。
レンタル可能期間 1か月以内~2年以内
2年以上も相談の上可能
問い合わせ方法 電話またはメールにて問い合わせ

パソコンレンタルサービスを一覧にまとめました!

さて、本サイトではおすすめのパソコンレンタルサービス業者を比較ランキングにて紹介しましたが、いかがでしたか?
これらの情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

イメージ1
2
3
4
5
会社名スマートレンダー株式会社(スマレンタル)横河レンタ・リース株式会社オリックス・レンテック株式会社株式会社タマヤ株式会社レンタルバスターズ
特徴①Windows付属のマウスコンピューター製の高性能パソコンがレンタルできる。最短1週間からレンタル可能。
延長や解約も自由。
月額レンタル料金は
基準レンタル料×レンタル期間に応じたレンタル料率」で決まる。
出荷前にOSの初期設定等をセットアップするため、到着してすぐに使用できるお客様のニーズに合わせてカスタマイズでレンタルが可能。
特徴②全国に200か所以上のサポート拠点がある。全国から訪問対応可。午前中に申し込んだ場合、全国主要都市へは翌日中にお届け最短1日から利用できる(レンタル料金は最短4日単位で設定)。商品がレンタル利用日の前々日に到着する。全商品、1日からレンタル可能
価格MousePro NB3/MousePro NB5
1ヶ月 8,500円/5年 2,300円
など
PB4DNNB11RABD1 (B45/DN)
1ヶ月 9,900円
など
THINK PAD 13(レノボ)
1ヶ月 11,800円
など
Core i5 Windows8.1モデル
1ヶ月 4,000円
など
DELL LATITUDE E5530 A4ノート Core i5
1ヶ月 5,400円
など
サポート体制保守サービス
月額1,500円~
オンサイト訪問
1作業工程 5,000円
レンタル中に発生した疑問点やトラブルは専門の担当者が直接サポート。トラブル時は最寄りの営業拠点、または代表フリーコールへ連絡。内閣府認証資格のパソコン整備士のスタッフが電話にてサポート対応。万が一の損害に備える、動産補償プランあり(300円/台)。
レンタル可能期間1か月~5年不明1日~6か月
6か月以上は要相談
1日~1か月
3か月以上は要相談
1か月以内~2年以内
2年以上は要相談
問い合わせ方法電話、メール電話、メール電話、メール電話、メール電話、メール
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

記事一覧

【詳細】 会社名:PCらいふパソコンレンタルサービス株式会社 住所:岡山県津山市橋本町5番地 TEL:0120-566-056 PCらいふパソコンレンタルサービス株式会社は、平日12時までに ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社メディエイター 住所[本社]:福岡県福岡市中央区大名2丁目9番35号 トウセン天神ビル8階 TEL:03-5807-3302 ビジネスマンの業務に欠かせないパソコン ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社パシフィックネット 住所[本社]:東京都港区芝5-20-14 三田鈴木ビル6階 パシフィックネットは、東京に本社とテクノロジーセンターを置くITサービス企業です。テ ・・・[続きを読む]
今や学校や会社などで必需品となっているものがパソコンです。一般家庭にも広く普及しており、映画や買い物を楽しまれている方も多いでしょう。パソコンを使用していると度々「再起動」を行う必要がありま ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスの蔓延により新しい生活様式が確立されました。テレワークが推奨され、学校や塾ではオンライン授業もますます普及していく見通しです。テレワークやオンライン授業では必ずパソコンが必 ・・・[続きを読む]
スイッチを入れても画面が映らない、電源ランプが点灯しないなど、パソコンの電源が入らないトラブルに遭遇したことはありますか。ハード的な故障の場合もあれば操作で対応できる場合もあります。各々で対 ・・・[続きを読む]
パソコンを使用していると様々なトラブルに見舞われることがありますが、特にノートパソコンで起こりがちなのが液晶割れです。東京で利用できるパソコンレンタルサービスの多くは、何らかの不具合が起こっ ・・・[続きを読む]
東京などオフィスが多い地域ではパソコンレンタルの需要が高まっています。貸し出す前に点検をしていても、使用中に文字が打てない症状が出る場合があります。東京など店が近くにあればすぐにみてもらえま ・・・[続きを読む]
コンピューターウイルスは、IT時代となった昨今において非常に身近で驚異的なリスクです。ウイルスに感染するとパソコンが今まで通り使えなくなります。本体の設定が感染によって無断で変更されたり、重 ・・・[続きを読む]
ビジネスにおいてパソコンは欠かせない機器ですが、複数台を導入するには相応の費用がかかります。一方で、一定の期間だけ使う場合や新品にこだわらない場合には、パソコンレンタルも選択肢のひとつです。 ・・・[続きを読む]
パソコンのディスプレイにも本体同様に寿命があります。最初はきれいに映っていた画面も、徐々に劣化します。ただ、その原因がどこにあるのか突き止めるのは大変です。今回はディスプレイの調子が悪くなっ ・・・[続きを読む]
パソコンは今や音楽プレイヤーとしても活用することが可能です。スマートフォンと同期させて、家でも外出先でも同じ音楽を楽しんでいるという方もいるでしょう。しかしいきなりパソコンから音が出ないとい ・・・[続きを読む]
昨今ではパソコンは仕事を行うための必須ツールとなっています。快適に仕事をするためには常にパソコンの動作が安定していて、故障しないように保つことが大事です。長く快適に使い続けるにはどうしたらい ・・・[続きを読む]
パソコンを使用中、前触れもなく電源が落ちる現象が起こるようになることがあります。東京ではリモートワークが増えている今、作業中にデータが失われる状況は避けたいものです。パソコンの電源が落ちる原 ・・・[続きを読む]
東京などの大都市では、パソコンレンタルによる需要が多くあります。そのため、色々なトラブルになりやすいともされ、通信速度が遅くなるなどの問題も多くある状態です。通信速度の低下では気をつけるべき ・・・[続きを読む]
東京でパソコンレンタルサービスの利用を検討している方の中には、ノートパソコンのレンタルを希望している方も多いでしょう。ノートパソコンは好きな場所で使えて便利ですが、外出先で充電が切れると一転 ・・・[続きを読む]
コロナウィルス感染拡大の影響から、通勤ラッシュのひどい東京などでは特に在宅ワークに切り替えられた人が多いのではないでしょうか。一方でパソコン関係のトラブルも発生しているため、利用をするときの ・・・[続きを読む]
パソコンは製品の進化が速いことから、数年前には最新のモデルだったものがもう時代遅れになっていることもあります。東京の企業などで大量の新しいパソコンが必要になった場合には、新品を購入する方法の ・・・[続きを読む]
東京のパソコンレンタルには、各メーカーから発売されている色々な機種が用意されています。しかしすべての機種が仕事用向けではなく、エンタメ向けや家庭用などさまざまです。快適にリモートワークをこな ・・・[続きを読む]
東京でパソコンレンタルサービスを展開している会社は数多くありますが、どの会社を利用するにしてもパソコンのスペックを考慮する必要があります。パソコンのスペックで注目すべきポイントとしては、CP ・・・[続きを読む]
仕事で欠かせない存在となっているパソコンは、非常にデリケートな精密機械であり、扱いによってはすぐに不具合や異常音といったトラブルが発生するといわれています。そのため突然のトラブルや故障などに ・・・[続きを読む]
パソコンレンタルは、年単位の契約が多いパソコンリースと異なり、短期間から必要な台数だけをレンタルできるサービスです。今回は、パソコンレンタルの仕組みをわかりやすくご紹介するとともに、「初期設 ・・・[続きを読む]
法人用パソコンは「産業廃棄物」として、処理業者と契約を交わし、都道府県からの許可証を得たうえで処分できます。しかし、パソコンの販売・処分業者が加盟している「パソコン3R推進委員会」は、パソコ ・・・[続きを読む]
コロナウィルスの感染リスク対策として、リモートワーク・在宅勤務を取り入れる会社が増加しています。しかし社員へのパソコン支給や貸し出しなどの対応が追い付かず、「家にパソコンがないので仕事ができ ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスの影響を受け、リモートワークへ移行した企業も少なくないでしょう。 リモートワークは会社から離れた場所で仕事をするため、機能性の高いビジネスツールを使える状態でないと業務に支 ・・・[続きを読む]
働き方改革や日本全体の社会情勢の流れから、リモートワークが急速に進んでいます。リモートワークが始まれば、通勤に使っていた朝の時間を有意義に使えるとあって、リモートでの仕事を歓迎している方も多 ・・・[続きを読む]
パソコンの動作が重いと何をするにも時間がかかり、イライラが募ってしまいますよね。 急ぎの作業や大切な仕事の途中ならなおさらです。しかし、ちょっとした対策を行うだけで動作がグッとスムーズになる ・・・[続きを読む]
レンタルパソコンを初めて利用する方の中には、ウイルス対策はどうしたらいいか疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。そこで今回は「ウイルス対策ソフトは自分で購入するのか、セットなのか」「ソフ ・・・[続きを読む]
リモートワークは、通勤時間や交通費を省くことができる効率的な働きかたです。しかし、セキュリティ面を万全にしておかないと、ウィルスの侵入や情報漏えいが起こる可能性があります。そこで今回は、リモ ・・・[続きを読む]
パソコンは購入せずにレンタルすると、節税効果も見込めるとのことで、多くの企業がその目的で導入するケースが増えています。そこで今回は、これからパソコンレンタルを導入しようとお考えの、企業の経理 ・・・[続きを読む]
ダイバーシティに重点を置く現在では、多くの企業がリモートワークの導入をしています。 本コラムでは、リモートワークについて、また、これからリモートワークを導入しようと検討している企業に押さえて ・・・[続きを読む]